UMD Gen v4.00

2010y01m28d_205306546.jpg

ISOを圧縮してCSOファイルにしたり、ソフト付属のFWのアップデータを削除し、
ISOを再構成して容量を小さくすることができます。
日本語化の方法も紹介します。

パワポタ4の場合:かなりの容量削減になります。
ISO→CSO
1718MB→556MB

ISOを再構成
1718MB→658MB

再構成してCSO
1718MB→515MB



導入方法
1.本家からダウンロード&解凍。

10.png

2010y01m28d_204809703.jpg

2.日本語化パッチをダウンロード&解凍。

10.png

2010y01m28d_204818859.jpg

3.「UMDGen(Japanese)RC2.EXE」を「UMDGen.exe」の
  あるフォルダに移動し、実行します。

2010y01m28d_204827218.jpg

完了すると以下のウィンドウが表示されます。

2010y01m28d_204837671.jpg

4.導入終了。「UMDGen.exe」を起動すると日本語メニューになっているはずです。

ISOからCSOに圧縮する

1.UMDGenを起動し、「イメージ相互変換」タブを開き、ISOをドラッグ&ドロップ


変換形式はCSOを選択してください。
(圧縮率はデフォルトで9。大きい値であるほど高圧縮ですが起動できない場合も有ります。)
→変換開始

2010y01m29d_170220140.jpg

すこし時間がかかります。「ステータス」がCompleteになれば終了です。
保存名は「ISO名.iso.CSO」となるので上書きはされないので安心してください。

ISOを再構成する

1.ISOイメージを開く。

2010y01m29d_172208062.jpg

2.「UMDのプロパティ」タブを開き、左下のイメージの最適化:最適化を実行。

2010y01m29d_165559593.jpg

3.完了したら、「全般」タブから
PSP_GAME>SYSDIR>UPDATE」内のファイルサイズが3つとも
0であることを確認。

2010y01m29d_165717125.jpg

4.「保存」から保存してください。このとき再構成したものをCSOに圧縮することができます。

2010y01m29d_165607265.jpg

web拍手




一日1クリックにご協力お願いします。



[ 2010/01/28 20:54 ]   [編集] | PC系 PC | TB(0) | CM(1)
パワポタ4って最適化したら起動しませんよね?
[ 2011/06/11 07:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
返信が必要な方はチェックを外してください。
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブログパーツ アクセスランキング